沖縄県うるま市の食品製造なら株式会社MIZUTOMI | 食品製造業の法的要件 – 営業許可申請と届出の手引き

098-987-8470
お問い合わせ 求人情報
Language

食品製造業の法的要件 – 営業許可申請と届出の手引き

食品製造業の法的要件 – 営業許可申請と届出の手引き

2024/01/21

食品製造業を営むには、法的要件の理解と遵守が不可欠です。食品衛生法に基づく営業許可申請や届出は、製品の品質と消費者の安全を保証するために重要な役割を果たします。本記事では、これらの手続きの概要と重要性について解説致します。

 

1. 営業許可が必要な業種

食品衛生法では、公衆衛生に与える影響が大きいとされる32業種について、営業許可が必要とされています。これには菓子製造業、乳製品製造業、食肉製品製造業などが含まれ、これらの業種では設備基準を満たす必要があります。

 

2. 許可・届出対象外の業種

一方で、公衆衛生に与える影響が少ないとされる業種は、営業許可や届出の対象外となります。これには食品の輸入業や常温保存可能な包装済み食品の販売業などが含まれます。

 

3. 申請手続きと必要書類

営業許可の申請には、施設の構造及び設備を示す図面や、法人の場合は登記事項証明書などの書類が必要です。また、申請手数料の納付も必要となります。

 

4. 施設基準と衛生管理

食品製造業における施設基準は、食品の安全性を確保するために重要です。特に、手洗い設備の要件などは、衛生管理上非常に重要なポイントとなります。

 

まとめ

食品製造業を営む際には、法的要件の理解と遵守が不可欠です。これにより、製品の品質を保証し、消費者の安全を守ることができます。適切な手続きを踏むことで、信頼される製品を提供し、業界全体の信頼性を高めることが可能です。

RELATED TAGS

関連タグ